課題から探す 業界別「ルート配送業界」

1日のうちに多くの補充先、配送先をいかに効率よく回れるかが、ルート配送の大きな課題です。ドライバーの方にそのノウハウをどうやって伝えているかで差が出そうです。

課題1 効率的な運行ルートを教えたい

業務時間内で、担当箇所を巡回し作業をして帰ってくるのはなかなか大変だ。効率的に回るルートをどうやって組むか、経験がないと難しい。

DRIVEBOSSの解決1

前任者の走行ルートが走行軌跡地図の記録に残っています。走行時間、作業時間もわかるので教材として使えますし、データを共有してDRIVEBOSS上に示すことができます。経験者のノウハウを資産として活用できます。

ルート配送業界解決図版1

課題2 エコドライブ意識を高めたい

急発進やアイドリングを抑えて、エコで安全な運転をしてほしい。それでガソリン代も低減できればさらにうれしいのだが。

DRIVEBOSSの解決2

運行日報を活用してエコドライブの推進をはかれます。アイドリングの時間や急加速の回数も記録されていて、各ドライバーの評価点も表示されます。給油時に給油量を入力することで燃費も表示されます。他のドライバーと比べて、自分のエコドライブレベルはどうかが見えるので、意識を高めるには効果的です。

ルート配送業界解決図版2

課題3 基幹システムとデータを連動させたい

DRIVEBOSSで作成されたデータを、基幹の業務システムで利用できれば便利なのだが・・・。

DRIVEBOSSの解決3

ご利用可能です。各帳票画面の出力ボタンで帳票内容をCSVデータで出力でき、Excelをはじめさまざまな業務アプリケーションで利用できます。

ルート配送業界解決図版3

課題4 事故を減らしたい

焦ったり、急ぐことで、軽微な事故が起きやすい。自動車保険もかかるので何とか減らそうと手を打っているが、うまくいかない。

DRIVEBOSSの解決1

運行日報に評価機能が付いていて、安全運転の推進に役立ちます。これは、各ドライバーのその日の安全運転度合いを採点するもので、客観的評価によって比べ合い、自分の運転に対する自覚を促しますので、事故を減らす効果が期待できます。

ルート配送業界解決図版4