課題から探す 業界別「運送・トラック業界」

ドライバー不足が問題の運送・トラック業界。
DRIVEBOSSがドライバーさんの早期戦力化をはかり、定着化を支援します。

課題1 ドライバー不足で
新人を早く戦力化したい

ドライバーの離職率が高いから、採用した新人ドライバーにはすぐにでも仕事を覚え、運送業務についてもらいたいが、配送・集荷のルートを教えるのに時間がかかる。

DRIVEBOSSの解決1

管理者が運転者ごとに行き先、ルートを「訪問先リスト」として作成・配信することができます。 訪問先リストの受け取り後、リスト順にルートが自動で設定され、訪問先に到着すると、DRIVEBOSSに到着情報が送信され、車載器では次の訪問先に自動でルート設定がされます。 そのため、経験のないドライバーでも一人で効率的に配送・集荷ができ、早期に戦力化が可能です。

運送・トラック業界解決図版1

課題2 安全運転の徹底をはかりたい

管理者の目が届かない車両の走行。安全運転を守って事故を起こさないよう、いつも口では言っているが、本当に守ってくれているだろうか。

DRIVEBOSSの解決2

DRIVEBOSSの日報には、その日の速度の変化、急加速・急ブレーキなどがグラフでレポートされ、総合評価点が記録されています。これに基づいてアドバイスをし、安全運転の自覚を高めてもらうことができます。

運送・トラック業界解決図版2

課題3 注意しないと危ない場所を教えたい

あそこは通るときに注意しないと危ないという個所がある。注意するように教えるのだが、説明が難しい。

DRIVEBOSSの解決3

ヒヤリとした場所、ハッとした曲がり角など、危険があると報告された場所はヒヤリハットマップでDRIVEBOSS地図上に示すことができます。ストリートビューも見ることができるので、具体的に把握して危険を回避できます。

運送・トラック業界解決図版3

課題4 日報をきちんと書かせたい

ドライバーに日報を書かせたいが、面倒がってきちんとした日報を書く者が少ない。重要な記録なのでなんとか書かせたいが・・・

DRIVEBOSSの解決4

DRIVEBOSSの運行日報は訪問先と時間、作業内容を詳細に記録してくれます。そのまま印刷して日報として活用することもでき、正確な内容の記録・作業の省力化が期待できます。

運送・トラック業界解決図版4

※Web上の日報帳票はイメージ画像です。実際の走行データとは異なります。